時事中年

〜デイリー・ジャポン〜

東京は怖い。。。引っ越して初ゴキブリが出るころ訪れる「新聞拡張団」という存在が怖すぎる件

スポンサーリンク

東京でひとり暮らしを始める。 

 

初ゴキブリが出てくるころにやってくるのが新聞の勧誘だ。

高校を卒業した学生のところにやってくるのは「拡張団」と呼ばれる、ぶっちゃけて言えばヤ○ザの一味だ。

 

最初は優しい口調だが、だんだん「このへん地回りしてるんだけど・・・」なんていう話に変わってくる。

 

で、「うちは結構です」の「うちはけ・・・」ぐらいのところで「俺はヤクザだよ!」と怒鳴る。ドアを閉めようとすると開けようとする。ドアチェーンをするのがやっと。警察に電話。警察も警察で「カンタンにドア開けないほうがいいよ~」とのんき。よくあることなのだろう。

 

新聞社のコールセンターにすぐ抗議した。あと「新聞近代化センター」にも抗議。「近代化」とついているということは新聞業界は未だに近代化してないということなんだろうなあ。

 

後日、新聞社の窓際族みたいな人が詫びに。テレカ(テレホンカードのことよ)を3枚持って。近代化センターからは文書で詫び。朝○新聞からは文書の謝罪はなかった。

 

東京は怖い。ついでに新聞業界も怖い。○日だろうが産○だろうが。。。