時事中年

〜デイリー・ジャポン〜

東京は怖い。。。テレビの半分はやらせでできていることを確信した件

スポンサーリンク

 東京に慣れたらバイト探しだ。

 

 フロムエーを買ってきて(フロムエーは昔は雑誌で、買うものだったんだぞ)ペラペラめくる。

 

 「ちょっとマスコミ」というカテゴリーに興味がそそられる。私は放送作家になりたいと高校時代から思っていた。テレビ関係の仕事はないか探した。が、その号には載っていなかった。その代わりにエキストラの仕事があり、都合のいい日だけ参加可とのことだったので、履歴書を書き渋谷の事務所へ。

 

 古ぼけたビルの上階にエレベータで上がれば薄暗い事務所。対応したのは、なんかその筋っぽい感じの社長(と自分で言っていた)とやり取り。

 

「エキストラじゃなくてさ、本気でタレント目指さない?」

「はっ?」

「そこの彼なんかT○Sの『ガチ○コ』に出てるんだけど見たことない?」

 

 「ガチ○コ」とは当時放送されていたTO○IO司会の素人参加番組で、プロのスパルタ指導のもとラーメン屋を目指したり、漫才師を目指したり(『足軽エンペラー』時代の『南キャン』の山ちゃんも出ていた)して、そこで先生にガンガンしごかれ、それに反抗したり、生徒同士ケンカをしたりするという、ハプニング満載のハラハラさせる番組だった。

 

 「彼なんか『ガチ○コ』に出てる」

 

 やらせって本当にあったんだ・・・。私の中では都市伝説だった「やらせ」が現実のものとなった。社長は続ける。

 
 「エキストラじゃなくてさ、本気でやってみたほうがいいよ。タレント目指してさ。君ならできるよ」

 

 ろくに会話もせずに「君ならできる」と言われても、と思ったが「やらせ」という犯罪っぽいものを平気でやっている人(やらせている人?)を目にして私はちょっとビビっていた。

 

 「どう?」

 「は、はい、やってみます・・・」

 

 そう言うしかなかった。

 

 「そう。じゃあ宣材写真とるから。普通なら8万円するんだけど、今なら6万円になってるから。払える?」

 

 なーーーーーーーーにーーーーーーー! 

 6万円払うのーーーーーーーーーーーー!

 

 「払えるの?」

 「いえ、『今は』ちょっと・・・」

 

 今は、なんて言っちゃったよ・・・

 

 「じゃ、あとで振り込んどいて。おーい、この子あとで振り込みね」

 

 うわー、大変なことになった。

 

「じゃ、がんばりましょう」

「は、はい・・・」

 

 と、あいさつもそこそこに逃げるように帰宅。どうしたらいい? 考えに考えて、その事務所に「すみません、払えません、エキストラ辞退します」みたいな手紙を書いて、その日のうちに投函した。

 

 それからの日々、その事務所から電話がかかってこないか、自宅に押し掛けてこないかビクビクの毎日だった。

 

 しかしT○Sはこの現実を把握していたのだろうか?

 

 テレビの半分はやらせでできています。

 

 東京は怖い。。。