時事中年

〜デイリー・ジャポン〜

田舎の「婚活」は高校生のときからやるべきじゃないの? と、いうハナシ。。。

スポンサーリンク

 「婚活」という言葉が人口に膾炙してから久しい。

 

 が、多くは(特に男性は)せっぱ詰まった年齢になってから活動することが多い。女性とそんなに交流することもなく青春時代を過ごし、そこでいきなり「婚活」をしろ、と言われてもできるわけがない。

 

 と、いうわけで、この企画は、高校時代から女性と交流する機会をつくろうというものである。しかしただの交流会にしてしまっては不謹慎と言われざるをえない。

 

 そこで、一流高校、大学の女子生徒、女子学生が勉強を教える。そして教わった男子生徒がテストを受け、決められた点数以上を獲得できれば、教えてくれた女性と1時間自由に会話ができるというものだ。

 

 中にはそのまま交際に発展してしまうカップルもいるだろう。それはそれでいいことにする。それよりも場数を踏むという意味でも、話をする、それ自体が大切なのだ。

 

 女子からも文句が出るかもしれない。それならこの逆バージョンをやってみるのもいいだろう。