時事中年

〜デイリー・ジャポン〜

「爆笑問題って暗いよなあ」・・・放送作家を目指していた頃に出会った二人のTVプロデューサー

スポンサーリンク

 「爆笑問題って暗いよなあ。一生演芸場でやってろって思うよ」

 私が爆問のファンと聞いて、そのプロデューサーは言った。そいつは某関西大物芸人の座付きプロデューサーで、「座付き」と言えばカッコいいが、要するに金魚のフンだ。私は当時放送作家になりたくて、企画書をテレビ局のいろんなプロデューサーに片っ端から送っており、そのフジテレビのプロデューサーから呼ばれ、局でそいつのご高説を賜っていたのだ。

 「まあ・・・そうかもしれないですねえ・・・」

 好きな対象をけなされた怒りを抑えつつ、どうしても作家になりたかった僕は、机をドン! と叩き「そんなことねえよ! お前よりよっぽど才能あるよ!」とは言えなかった。

 

 同じ時期、ダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで!」のプロデューサーだった日テレの菅賢治氏が2冊の本を出していた。テレビ論的な本だ。そこで菅氏はダウンタウンと仲の悪い爆笑問題の名を出し、「爆笑問題はフリートークがもっと上手くなればもっと人気が出る。いつか一緒に仕事をしたい」というようなこと(もう十数年前のことなので記憶があやふやですが)を書いていらした。現在、爆問の太田氏はくりぃむしちゅーの上田氏と名古屋で、菅氏プロデュースの番組をしている。

 
 菅氏には実際にはお会いしていないので「出会った」という言い方は正確には違うが、見習い作家にもなれていない私でも「一流と二流の違い」を身をもって知った。菅氏は一流、フジテレビのほうは当然二流。菅氏は自分の好みではなく、この人(コンビ、トリオ等)はどんな魅力があり、どうすれば活躍できるかを年中考えている職人なのだ。それにひきかえ二流人は、仲良しごっこをやっているだけで、売れない芸人の才能を引き出そうとは微塵も思っていない、才能ではなく年功序列でプロデューサーになってしまっただけなんだろう。

 
 視聴率だけの判断だが現在、日テレは絶好調、フジはテレ東にも負けるかといったところ。過去の体質が現在の結果となって現れている。今後も変わることはないだろう。