時事中年

〜デイリー・ジャポン〜

自民・伊吹氏が示した、政治家がわきまえる6つの「た」を見て思ったこと・・・吉野弘の「祝婚歌」

スポンサーリンク

 「東北でよかった」の今村・元復興相の失言問題で、自民党伊吹文明氏が、発言時に重要な心得である6つの「た」を二階派の総会で示した。

 
 その中に「正しい」と思っていることを話すとき、ちょっと一呼吸入れて考えるというものがあった。

 
 これを読んで私は詩人・吉野弘の「祝婚歌」の一節を思い出した。

 
 
  『正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい

   正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 

   気づいているほうがいい』

 
 これは与党だけでなく、野党にも持ってもらいたい精神だ。「地獄への道は善意によって舗装されている」というサミュエル・ジョンソンの言葉もある。どんなことにもどちらかが100%正しいということはない。30:70とか40:60ぐらいがほとんどだ。

 
 正しいことを言うときは、控えめに。

 

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)