時事中年

〜デイリー・ジャポン〜

晴れた日を「ピーカン」と呼ぶのはなぜ?・・・ピンカートン? ピースの缶?

スポンサーリンク

 今日、福島はいい天気でした。ピーカンでした。

 
 若い人は知らないと思うが、晴れた日を「ピーカン」というのはなぜ?

 
 私の頭の中には2つの説がある。ひとつは景山民夫さんのエッセイで読んだもので、オペラ「蝶々夫人」のなかの「ある晴れた日に」という劇中歌があるが、夫人の恋のお相手・ピンカートン。「ある晴れた日に」→「ピンカートン」→「ピーカン」となった説。

 
 もうひとつはNHKテレビで放送していた説。タバコのピースの缶が青空のように青いから、というもの。

 
 不思議だったのはNHKで商品名を出して解説していたのが、ちょっと怪しかった。

 
 他に説があれば教えて!!

 

蝶々夫人 MADAMA BUTTERFLY - DVD決定盤オペラ名作鑑賞シリーズ 8 (DVD2枚付きケース入り) プッチーニ作曲

蝶々夫人 MADAMA BUTTERFLY - DVD決定盤オペラ名作鑑賞シリーズ 8 (DVD2枚付きケース入り) プッチーニ作曲

  • 作者: 永竹由幸(ながたけよしゆき),井形ちづる(いがたちづる),長谷川勝英(はせがわかつひで),増田惠子(ますだけいこ)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2008/12/27
  • メディア: 単行本
  • クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る