時事中年

〜デイリー・ジャポン〜

子供が歌う「震災復興ソング」は1曲あればよくね?・・・福島県に住んでいて不思議に思うこと

スポンサーリンク

 「逆に元気をもらいました」というちょっとトンチンカンなアーティストは別にして、我々福島県人は被災地でライブをやってくれるアーティストには感謝しなければならない。ありがとうございます。

 

 が、最近よくわからないことが起きている。被災三県の子供達から集めたフレーズを構成して歌にした、葉加瀬太郎作曲の「ひまわり」と谷村新司作詞作曲の「雲のかなた」と2曲復興ソングがあるのだ。

 
 復興ソングが1曲じゃなきゃならないという決まりはもちろん、ない。しかし対象は子供。「ひまわり」は小・中学生、「雲のかなた」は高校生向け(のようになっている)の違いはあるというものの、1曲を心を込めて歌うからこそ、復興の思いも強くなるというものではないか? 何か大人たちの利に聡い人たちが蠢いているようで、薄気味悪い。

 
 子供を混乱させるようなことはあってはならないと思うのだが・・・

 

東京防災

東京防災