時事中年

〜デイリー・ジャポン〜

才能と努力が足りないことに関しては、誰にも負けない・・・全てが中途半端な半生の矯正

スポンサーリンク

 前回の記事で、ビートたけし氏の言葉として「お笑いとは、絶対につかまらない存在のことだ」と書きましたが、正しくは「お笑いとは、絶対につかまらない運動のことだ」の間違いでした。つつしんでお詫びします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 自分は高校時代、放送作家になりたかった。大学時代、テレビで募集していた某クイズ番組のクイズ作家に応募し、採用された。2年半ほどやらせていただいた。毎週ADさんが「何曜日の何時から会議なので、よろしくお願いします」と電話がかかってくる。が、ある日突然かかってこなくなる。これが「契約終了」の合図なのだ。

 
 これはショックだった。「お前はもう面白くないんだよ」と烙印を押された気分だった。しょうがない。その通りなのだから。面白いクイズを作るために何か努力したか? 会議へ出て、発言もせず、弁当を食べて、深夜になればタクシーで送ってくれる。先輩からもらった仕事もテキトー。こんな役立たず、いらないと思われても仕方ない。

 
 それでも自分は「クリエイティブな才能がある」と勘違いし、コピーライターの学校に通っては辞め、作詞家のネット講座を受講しては「向いていない」と言われ、いま懲りずにこうしてブログを書いている。

 
 共感を得られるような話題を考えているつもりだが、才能がないのはわかっている。でも今度はいままでしたことがない努力はしてみよう。どうせアマチュア。当たって砕けろの精神で進んでいきたい。

 

超一流になるのは才能か努力か?

超一流になるのは才能か努力か?